Pパラダイス

飯能で音楽教室を開いており入間からも通っていただける場所にございます

お問い合わせはこちら レッスン予約はこちら

ブログ

入間の音楽教室

一人ひとりの個性を大切にするレッスン

入間から通いやすい場所で音楽教室を開いており、現役の音楽家がお子様の個性や興味に合わせてレッスンを行っています。ピアノやアコーディオン、ミニ鉄琴、スネアドラム、ジャンベ、カホン、ギター、ピアニカなど多彩な楽器を使った合奏から合唱、朗読、ミュージカル、ダンス、演劇まで様々な体験をしていただけます。

入間からも通える飯能の音楽教室

世の中にはいろんなピアノの先生の発信してる情報があります。もうピアノの先生という職業はなくたって良いんじゃないか?というくらいみてるだけで、ピアノが弾けるようになってしまうかもしれない素晴…

ためになったね~~~ランキングピアノ教材は、山のように出版されておりますが自分が使用してきた中で今も役に立ってるものをご紹介しております。本日はこちらからプレディピアノ教本こちら、ハノンみ…

もともとバイオリンの音は苦手である。もちろん上手なのは大丈夫だけれどそうじゃないことが多いから生理的になかなか難しい。もともと金属音、黒板の音、シンバル系擦れる音など苦手なのでバイオリンは…

音程が聞こえる聞こえないの違い絶対音感がなくても音楽であることはできる。私の場合、ピアノの音と、他の音では聞こえてくる音程が違ってくる。中学高校でずっとBbをドって呼んでたので、ピアノ以外だ…

今日は地元の中学校の定期コンサートに行きました。ピアノの生徒ちゃんの学校の吹奏楽部の定期コンサートを聴きに行ってきました。自分も中学高校6年間はピアノなんてほとんど弾く事もなく吹奏楽漬けの毎…

日常会話朗読台詞の違い例えば、結婚式のスピーチ・他人が書いた原稿を読む・自分で書いた原稿を読む・その場で思ったことを話すなどで、伝わってくる何かが変わってくるのは明らかなわけで。人の原稿を…

どう考えてもこの世に形として存在し始めての一番初めの音楽体験は胎内にいるときの母親の心臓の音だと思います。(ここでは前世の話は無しw)胎内にいるときに両親が聴いていた音楽だとか植え付けられて…

ピアノを弾く作業は実に脳みそを使っている。これはトレーニングが必要だけどトレーニングすればどうにかなる。。と言いたいが近年そもそもピアノを弾く前に、これくらいのことはできないとダメだろーと…

単に楽器が弾けることを目的にしているのではなく、お子様が自分らしく音楽を表現できるようになることを目指す音楽教室を入間からアクセスしやすい場所で開いております。音楽の三大要素であるリズムやメロディー、ハーモニーを体にしみ込ませ、体から自然と音楽が生まれてくるようなるレッスンです。ピアノや弾き語り、舞台音楽作詞作曲などに携わっている現役の音楽家が講師を務め、テキストに沿って行うレッスンではなく、一人ひとりの個性や興味に合わせて進めていくレッスンなのでお子様が自由に音楽を楽しんでいただけます。

入間からも通える飯能の音楽教室

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。